キリンビール事業

『一番搾り』は1990年に日本で「一番麦汁だけでつくるビール」として生まれ、現在世界約40カ国で販売されています。

一番麦汁だけで作る方法(一番搾り製法)は、開発された当時、常識破りの製法でした。 しかし、おいしさを追求し、徹底的に品質にこだわるキリンビールのブランドポリシーによって生まれた方法であり、今では 『一番搾り』りはキリンビールを代表するブランドになっています。

キリンホールディングスシンガポール社は、キリンビール社からの事業委託を受け、現在シンガポール、マレーシアおよびタイのお客様に『一番搾り』をご提供する支援をしています。今後より多くの国でその美味しを楽しんでもらえるように、支援する国を拡大していく予定です。